MENU

モビットの在籍確認って怖くない?本当に会社にバレないの?

モビット,在籍確認,審査,基準,特徴,口コミ,キャッシング,バレる

消費者金融でキャッシングをしたことある人は、どれくらいいるのでしょうか。

たとえ、周りの人にその質問をしたとしても、利用したことがあると正直に答える人は少ないと思います。じつは私も消費者金融を利用するまでは、なんとなくキャッシングは悪いことのような気がしていました。

 

ただ、利用した今でこそ言えるのは、キャッシングは使いやすいくて、借りるのを躊躇している人はもったいないな、という点。たしかに、消費者金融に対して悪いイメージを持っている人も多く存在します。
でも、ちょっとその考えは捨ててください。なぜなら、日本でキャッシングを利用している人は、今では1,000万人以上にものぼっているからです!
あなたが気づいていないだけで、あなたの周りにキャッシングを活用している人が、じつは数多く存在しているのです。

 

そう考えると、少し気が楽になりますよね。キャッシングの仕組みはちゃんと理解しておけば、もしもの時の助けになりますし、普段の生活でも取り入れやすいはず。

 

でも、初めてキャッシングを行う人が、申し込みの途中で立ち止まってしまうポイントがあります。それは、キャッシングをする際に必ず行われる『在籍確認』です。
在籍確認とは、職場にあなたが本当に在籍しているのか確認する電話が入ることなのですが、もしかしたらこれって職場にバレちゃうんじゃないかなぁ…?と思う人が多いようです。

 

そこで今回は、消費者金融でキャッシングする場合に手続きについて、「在籍確認」を中心に解説していくことにします。キャッシングを活用するのが初めての人など、一度目を通してみてくださいね。

キャッシングするなら、モビットが断然オススメ!

モビット,在籍確認,審査,基準,特徴,口コミ,キャッシング,バレる

会社にバレるかもしれないという不安要素である「在籍確認」。そもそも、在籍確認がなければ、そのような心配はなくなりますよね。

そこでオススメなのが、書類で在籍確認の審査を行ってくれる『モビット』です。

 

まず、詳しい在籍確認の方法を紹介する前に、在籍確認って何?という人のために説明をしておきますね。

 

在籍確認は、分かりやすくいうと申し込みの際に記載した会社に、あなたが本当に勤めているのかを確認する電話のことをいいます。なぜそれが必要なのかというと、キャッシングを行う人の中には、勤め先の情報に嘘の内容を記載する人がいるからです。なぜ嘘の記載をするのかといえば、事実を書くとキャッシングを受けられないかもしれない、という不安があるのかもしれません。ただ、消費者金融としては、返済できない人にお金を貸してしまうと、滞った返済の負担をかぶることになってしまいます。そのような問題を避けるためにも、この在籍確認は必須となるわけです。

 

では、次の項目で詳しくモビットの在籍確認の方法を紹介していきますね。

 

≫≫≫モビット公式サイトはこちら!

モビットの書類で行う在籍確認について調べてみました

それではここからはモビットの在籍確認の流れに関して紹介していきますね。

 

まずは、書類で在籍確認の審査が行う方法です。
原則では、会社に電話確認が行くのですが、モビットの『Web完結』で申し込みをした場合に可能になります。その時に必要となる書類などが下記の4点あります。

 

@本人確認書類
(運転免許証ない人は、パスポート・健康保険証のいずれか1点)

 

A収入証明証
(源泉徴収票・税額通知書、所得証明書、確定申告書・給与明細書いずれかの写し1点)
※給与明細書の場合は、直近2カ月分。また賞与支給がある会社は、直近1年分の賞与明細書も一緒に提出する必要があります。賞与明細書があると審査が通りやすくなります。

 

B勤務先の証明ができる書類
(健康保険証・組合保険証または給与明細書など1点)
※給与明細書の場合は、直近1カ月分。
※保険証は資格取得年月日が古いほうが、長く会社に勤めていると判断され、審査が通りやすくなります。

 

C指定されている銀行の普通預金口座
(三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行のどちらか1点)

 

これらの書類を前もって揃えておくと、審査は格段にスムーズになります。融資を早く受けたい人は準備しておいてくださいね。

 

ちなみに、書類で在籍確認を行ってくれるモビットは、派遣社員の人に人気が高いようです。派遣社員の人に行われる在籍確認の電話は、派遣先ではなく、派遣元にかかってきます。すると、派遣元のスタッフさんは、モビットから「○○さん(あなた)はいらっしゃいますでしょうか?」という電話がかかってきても、「○○さん(あなた)という社員はおりません」と返事をします。また、「○○さん(あなた)という方は、貴社で登録されていますか?」という質問に対しても「個人情報ですのでお伝えできかねます」というように答えるルールになっているようです。
この場合、残念なことに審査には落ちてしまいます。それを回避するためには、申し込みの時に、派遣社員であることや在籍確認を会社にされては困る理由を説明しておく必要があります。
このようなことから、派遣社員の人が活用しやすく人気が高くなっているようです。

 

モビットの電話での在籍確認について調べてみました

モビット,在籍確認,審査,基準,特徴,口コミ,キャッシング,バレる

次に紹介するのは、電話による在籍確認の流れになります。

最初あなたの会社にモビットの人から、「わたくし、○○(モビットの人の名前)と申しますが、○○さん(あなた)はいらっしゃいますでしょうか?」と連絡がきます。モビットの人は、絶対に自分がモビットだということは話しませんので安心してくださいね。
その後、あなたに引き継いでもらったら、再度本人であるかを確認します。間違いがなければ、「私、モビットの○○(モビットの人の名前)です。在籍確認をさせていただきました。お忙しい中、ありがとうございました」とこれだけで在籍確認はすみます。

 

次に、不在だった時の流れです。
モビットの人は、先ほどと同様にあなたに引き継いでくれるよう言います。そして、電話を受けた職場の人から「○○(あなた)は席を外しております」などの返答があれば、在籍確認は終わりになります。そう、不在の時はあなたが話を直接する必要はありません。在籍していることを確認できればOKなのです。そして、モビットの人が電話を切る時は、「こちらからまた電話いたします」などと伝えますが、その後に折り返しの電話はありません。

 

今説明した電話対応の流れを見やすく下記にまとめてみました。

 

《在籍確認応対の流れ》
〜会社にいる場合〜

 

電話口 内容
モビット 私、○○(モビットの人の名前)と申しますが、○○さん(あなた)はいらっしゃいますでしょうか?
勤め先の人 少々お待ちください。
  〜電話引き継ぎ〜
あなた お電話かわりました。○○(あなた)です。
モビット

【○月○日生まれの】○○(あなた)でお間違いないでしょうか。
※【】で囲っている所は、ない場合もあるようです。

あなた はい、そうです。
モビット 私、モビットの○○(モビットの人の名前)です。在籍確認をさせていただきました。お忙しい中、ありがとうございました。

 

大手の会社で同じ苗字が多い場合、フルネームで呼んでもらえるように頼んでおいたほうが無難です。ただ、申し込みの際に所属部署の記入欄もありますので、モビットのスタッフさんは電話の時、部署を指定してあなたに連絡をしてくれるので安心してください。

 

 

《在籍確認応対の流れ》
〜不在の場合〜

 

電話口 内容
モビット 私、○○(モビットの人の個人名)と申しますが、○○さん(あなた)はいらっしゃいますでしょうか?
勤め先の人

・○○(あなた)は外出しております。
・○○(あなた)は席を外しております。など

モビット かしこまりました。こちらからまたお電話差し上げます。

 

在籍確認は想像しているよりも簡単ですし、会社の人にバレることはほとんどありません。あれ…これで終わり?と拍子抜けする人も多いのではないでしょうか。
在籍確認が不安で、融資を受けるかどうか悩んでいる人は安心してくださいね。

 

≫≫≫モビット公式サイトはこちら!

モビットには消費者にとって嬉しいポイントが満載らしい…

さて、ここではモビットのサービスの特徴について紹介していきますね。

 

ご融資金額 1万〜800万円まで
借入利率 3.0〜18.0%
対象者 ・年齢満20歳〜69歳の安定した定期収入のある方※当社基準を満たす方※アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能
必要書類 ・本人確認書類(運転免許証)※お持ちでない方は健康保険証・パスポートなど・収入証明書【源泉徴収票・税額通知書、所得証明書、確定申告書・給与明細書いずれか1点】
返済期日 毎月5日・15日・25日・末日より選択
返済期間・回数 最長8年10カ月(106回)
返済方法 ATM返済、振込返済ならびに口座振替
返済金額【借入後残高スライド元利定額返済方式】

【最終借入後残高:返済額】
・10万円以下:4,000円
・10万円超過、20万円以下:8,000円
・20万円超過、30万円以下:11,000円
・30万円超過、40万円以下:11,000円
・40万円超過、50万円以下:13,000円
・50万円超過、60万円以下:16,000円
・60万円超過、70万円以下:18,000円
・70万円超過、80万円以下:21,000円
・80万円超過、90万円以下:24,000円
・90万円超過、100万円以下:26,000円
※実質年率18.00%(最高利用残高が100万円以上で実質年率15.00%)の場合※100万円超過の場合、最終借入後残高が20万円増すごとに、返済額が4,000円追加

担保・保証人・印鑑 不要
即日受付時間 平日14:50までに振込の手続き完了
審査時間 10秒簡易審査

 

モビット,在籍確認,審査,基準,特徴,口コミ,キャッシング,バレる

消費者金融でお金を借りたことのない人もいると思いますので、表を見ながら少し説明していきます。

まず、融資金額に関してですが、どんな人でも最大の800万円を借りられるわけではありません。お金を借りたら、返す義務があるのは当然のこと。当然ですが、融資金額については、借りる人の返済能力を加味して決まります。

 

余談ですが、この融資金額は法律で定められているって知っていました?
融資金額、つまりは限度額を決めているのは、『総量規制』という制度です。
『総量規制』は簡単に言ってしまえば、あなたが融資を希望した時、限度額はあなたの年収の3分の1までしか設定されず、それ以上は残念ながら借りることができないという法律です。この制度は、2010年6月に改正された賃金業法に導入されたルールです。
そもそも消費者金融は、個人への融資を行う会社です。そのため、利息制限法の上限金利(最大20%)を超えた29.28%というグレーゾーン金利で貸付を行っていた消費者金融がほとんどでした。
当然そんなことが長続きするわけもなく、利息の返済が間に合わず破産…という事態に多くの人が追い込まれたのです。結果、2006年1月にグレーゾーン金利を違法とする判決が出たことで、利息制限法を超える上限金利で発生した利息分は過払い金として請求できるようになりました。CMでよくやっている過払金請求とは、このことなのです。

 

困ったのは消費者金融のほうでした。
過払い金の支払いで経営が難しくなり、銀行の傘下に入り、会社を立て直すしか方法がなくなったのです。ちなみにモビットは、三井住友銀行グループの一員です。

 

また表にあるように、モビットには「10秒簡易審査」というサービスがあります。公式サイトで必要な情報を入力すれば、たった10秒で審査結果が出るのです。さらに、平日の9:00〜14:50までに手続きが完了すれば、最短3分で口座への直接振込も可能。このように、融資のスピードに関しては、モビットの右に出るものはいません。

 

このような点から見ても、モビットが我々消費者には、信用もあり、利便性にもとんだ消費者金融と言えるのです。

 

実録!初めて消費者金融(モビット)に申し込んでみました!

では、ここからは私が実際にモビットで融資を受けた時の体験を紹介していきますね。

 

モビット,在籍確認,審査,基準,特徴,口コミ,キャッシング,バレる

私がモビットでキャッシングをすると決めた理由は、書類で在籍確認の審査を行ってくれるという点にありました。

消費者金融でキャッシングを行うと、職場に在籍確認の電話がかかってくることは知っていたのですが、派遣社員の場合は派遣先ではなく、派遣元に連絡があるようなのです。

 

そう、私は当時、派遣社員だったのです。

 

そのことが気になってネットで情報を検索していると、困ったことに派遣元では、私が在籍していることなどは個人情報であるため、外部の人に教えないことになっているようなのです。そのため、「○○さん(私の名前)は、いらっしゃいますでしょうか」という質問に対して、「(派遣元には)○○というものは在籍しておりません」や「個人情報ですのでお伝えいたしかねます」というような返答になってしまうようなのです。

 

この場合、審査は間違いなく落ちてしまいます。そんな時、見つけたのがモビットでした。

 

モビット,在籍確認,審査,基準,特徴,口コミ,キャッシング,バレる

早速、モビットの公式サイトにアクセスして、在籍確認で必要になるものを確認しました。私の場合は、運転免許証、収入証明書、健康保険証。これらの書類と三菱東京UFJ銀行の普通預金口座があればOK。書類系は普段から使っているものや、部屋で保存したものがあるので、揃えるのに時間も手間もかかりませんでした。

 

申し込みを終えたら、携帯のカメラを使って必要書類の画像をとってアップロードするだけ。機械が苦手な私ですが、こちらも分かりやすく説明が書かれているので難なくクリアできました!

 

そうして手続きを終えて、19時ごろにメールを確認すると、審査に受かったとの連絡が入っていました!

 

このようにモビットは、書類で在籍確認を行うことができる便利な消費者金融になっているのです。他の消費者金融では、原則電話での確認が必須になっていますので、職場への在籍確認の電話を極力避けたい人にはオススメですよ!

 

≫≫≫モビット公式サイトはこちら!

モビットの審査基準ってどうなっているの?

モビット,在籍確認,審査,基準,特徴,口コミ,キャッシング,バレる

さて、モビットの審査基準はどうなっているのでしょうか? 気になるところですよね。

前出の表にもありましたが、年齢満20歳から69歳以上の安定した収入返済能力を有する人で、当社基準を満たす人とあります。主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある人は利用が可能となっています。
これを見れば、モビットが審査基準として重要視していることは「安定した収入」ということが一目瞭然です。当たり前のことなのですが、借りたものが返せる人なのか?という返済能力が重要視されているわけです。

 

では、モビットの審査で特に重要視されている信用情報に関して説明していきます。
信用情報とは、借入時に審査される、その人の属性(年齢・家族構成・勤務先など)や、現在や過去の借入金額や返済状況のことです。これらは、クレジットカード会社や銀行、様々な金融機関で共有されています。こうした個人情報を確認することで、対象者が返済可能な人物なのかを調査していくのです。

 

ちなみにモビットの場合、以下のような履歴がある人は、契約ができない可能性があります。

 

・長期滞納(2〜3カ月以上の支払いが滞る)をしたことがある人
・強制解除(長期滞納をした場脚、契約違反などで契約を解除)をしたことがある人
・債務整理(破産など合法的に借金を整理)などの記録が残っている人

 

これに加えて、以前モビットの審査に落ちた人も、審査が通らない場合があるようです。ただし、諦めないでください。
なぜなら、例えばあなたが転職して、以前申し込みをした時と比べて年収が上がっている場合などは、融資可能になる場合も多くあるからです。諦めずに、まずは一度申し込みしてみることをオススメします。

 

さらに加えると次のような項目もあります。

 

・他の金融機関から年収の3分の1以上の借入がある人

 

これは先ほども説明しましたが、総量規制による決まりごとになります。また、短期間で、他の金融機関複数に審査や申し込みを行っていたりするのも、印象は良くないという説もあります。

 

次に、信用情報の中に含まれる属性に関してですが、こちらも表にわかりやすくまとめてみました。

 

年齢 20代後半から50代前半(現役バリバリ)が有利
職業・勤務先 公務員・有名企業の正社員が有利
雇用形態 正社員が有利、安定収入があればパート・アルバイトも可能
勤続年数 3年以上が有利
年収 高ければ高いほど良い
居住形態 持ち家が有利 ※ただあまり重要視はされていない
居住年数 1年未満・転居の繰り返しが不利
住宅ローン・家賃負担 収入に対しどの程度の支払いを占めるかが重要
健康保険の種類 身分証明としての価値が高い

 

厳密に言えばこれ以外にも属性はありますが、このような項目から返済能力があるのかが審査されるわけです。ただ、最初にも言いましたが、審査では安定収入があり、返済能力があるのかという点がとても大きなポイントになります。そのため、パートやアルバイトの人でも、継続して返済できる一定の収入があるのなら、返済能力があるとみなされる場合があるのです。ですから、「自分はアルバイトだからどうせ無理だろう…」なんて思わずに、安定した給料をもらっている人(例えば毎月、だいたい決まったバイト代をもらっている人)は、諦めずに一度モビットのホームページにアクセスしてみてくださいね。

 

最後に、審査の段階で稀にウソの申請をする人がいるようですが、これはゼッタイにオススメしません。
例えば、すでに数社から借りているのに、借りていないことにして申請したり、本当は総額100万円以上借りているのに、80万円と申請したり…。これは、申請時に個人情報にアクセスすれば簡単にバレてしまうことので、全く意味がありません。申請時は、誠実に記入して審査に臨むことが大事だということを覚えておいてください。

 

モビット利用者の口コミを調べてみました!

さて、すでにモビットを利用している人たちはどんな感想を持っているのでしょう?
さすがに大手の消費者金融です。検索すると、様々な口コミが存在します。
ここではモビット利用者の口コミを紹介していくことにします。

 

モビットの良い口コミ@
在籍確認の電話がないのが、キャッシングの決め手になりました!
私は派遣社員だったので、在籍確認の電話がないものを探していました。すると、モビットであれば、書類審査でOKということだったので早速申し込み。前もって書類も準備していたので、即日で融資を受けることができました!

 

モビットの良い口コミA
手続きから融資まで、全部ネットでできるので楽です
他の消費者金融でキャッシングを行った時は、自動契約機に行ったりと周りの目にびくびくしていました。でも、モビットであれば全てがネット上で終わるし、融資も自分の銀行口座に振込なのでとても助かりました!

 

モビットの良い口コミB
書類での在籍確認のおかげで、土曜日でも即日融資を受けられました!
運悪く会社が休みの土曜日に融資が必要になってしまいました。そんな時に助けてくれたのがモビットです。書類で審査できるから、会社が休みの日でも在籍確認が可能!おかげで問題なく融資を受けることができました。

 

モビットの悪い口コミ@
在籍確認の書類が思ったより多かった(涙)
職場に電話がないからラッキーと思ったのに、調べてみたら必要書類が多い…。前もって調べていた人なら良かったのかもしれないけど、今知ったばかりの私には、すぐに揃えることができませんでした。残念です。

 

モビットの悪い口コミA
書類での在籍確認でも、審査の厳しさは一緒のようです…
会社に在籍確認の電話はないし、もしかして審査が緩いかも!と期待したのですが、他の消費者金融で借入をしていたことなどがバレてしまったようです。結局、融資を受けることができませんでした…。

 

≫≫≫モビット公式サイトはこちら!

モビットに申し込みをしようと思ったら、どんな手続きを踏むの?

モビットに申し込みをしようと思ったら、その方法は何通りかあります。
でも、申し込みをする前に、皆さんやっぱり審査にちゃんと通るのか、返せるかどうか、不安になりませんか?

 

そこで、一度試してほしいことがあるのです。
それはモビットの公式サイトにある「1O秒簡易審査」です。
「1O秒簡易審査」は、生年月日と税込年収、現在他社借入金額を入力することで、借入が可能かを簡単に判別してくれる機能です。前もって調べておくことで、いろんな手続きをしたあとに、「融資はできません」と言われてショックを受けることもありません。無料でできますし、個人情報の入力もありませんので、安心して活用できます。申し込みの前に是非一度、試してみことをオススメします。

 

では、申し込みの流れを解説していきますね。

 

モビット,在籍確認,審査,基準,特徴,口コミ,キャッシング,バレる

まず、一番のオススメは、インターネット(パソコン・スマホ・携帯)での申し込み方法です。

来店する必要もなく、ネット環境があれば、24時間365日いつでも申し込みが可能です。しかも最短で30分で審査が完了し、web完結の場合、融資まで来店もなく即日ですむというスピードの早さ! お仕事中にパパッと申し込んでおけば、帰りには口座に入金されているということも可能なのです。
また、オススメの点はもう1つあります。いくらローン申込み機(自動契約機)であったとしても、例えば契約機に入るときに知り合いに見られたりするのって嫌ですよね。インターネットでの申し込みならこうしたデメリットが起こる可能性はありません。インターネットでの申し込みが一番オススメなのには、こうした理由があります。

 

次にローン申込み機(自動契約機)での申込方法です。
こちらは機械の画面をタッチしていくことで申し込みを進めます。受付時間は8:00〜21:00で土日祝日も使用可能です。審査内容を入れ終えたら、モビットカードが発行されます。ここまで最速で5分です。その後、審査が始まり、オペレータの個人名で電話に結果の報告がきます。ここまで最短30分と書かれてはいますが、もう少し時間がかかることもあるようです。また、ローン申込み機(自動契約機)だと、審査の連絡の後に入会申込書の返送を行わなければなりません。インターネットなら、カード発行も郵送でのやりとりもなく、とてもスピーディに終わるので、こうした点をふまえてもインターネットがオススメと言えるでしょう。

 

モビット,在籍確認,審査,基準,特徴,口コミ,キャッシング,バレる

続いて電話での申し込み方法です。

こちらは全て電話で終わるので、打ち込みの必要がありません。最初に、審査に必要な項目の質問に答えていきます。その内容から審査が進められますが、結果が分かり次第、指定した連絡先に電話がかかってきます。審査を通過したら、モビットカードはローン申込機(自動契約機)でも受け取れますが、入会申込書は郵送で返送しなければなりません。これはやはりちょっと面倒くさいですよね。やはり、比較するとインターネットのほうが楽ですね。

 

最後は郵送での申し込みになります。
なかなか利用する人は少ないかもしれません。なぜなら、とにかく時間がかかるからです。コールセンターに連絡するか、ローン申込み機(自動契約機)・三井住友銀行で入会申込書を受け取ります。入会申込書に必要事項を記載し、本人を確認できる書類の写し、収入証明書の写しなどと一緒に郵送します。その後、審査結果の連絡が電話にかかってきます。インターネットが苦手という人も中にはいると思いますので、郵送という手があるのを覚えておいても良いかもしれませんね。ただ、時間がかかるということだけは覚えておいてください。

 

以上のように、モビットの申し込み方法はいくつか存在します。ただし、総合的にみて、インターネットからの申し込みが一番だと私は感じています。

 

モビットは本当にいいのか?他社と比較してみました!

ここでは、モビットとその他の代表的な大手消費者金融会社を比較していきます。

 

モビット,在籍確認,審査,基準,特徴,口コミ,キャッシング,バレる

 

表を見てみると、モビットは他の消費者金融に比べて、最大ご融資金額が800万円と高めに設定されています。多くの金融機関は、500万円を上限に借入を行っているので、多く融資を受けたい人にはオススメです。
表の比較では分からないのですが、モビットが他の消費者金融に勝っているのは、在籍確認が書類で行われるため、勤め先に電話がかかってこない点です。プロミス・アイフル・アコムは、事情を説明すれば、まれに書類での審査が可能なことがありますが、レイクに関しては、書類での審査はほぼ無理です。勤め先に電話がかかってくるのは多くの人がプレッシャーに感じているようで、モビットはこの要素でかなり人気が高くなっています。

 

 

モビットの申し込み時に必要な書類は今一度確認!

最後に、大事なことを解説していきますね。
それは、モビットに入会する際には必要書類がいくつかあるということ。
申し込みをする前にこれらを完璧に準備をしておけば、キャッシングがかなりスムーズに行えます。逆に、必要書類をうっかり忘れてきてしまうと、スピード融資もできなくなってしまいますので、皆さんご注意くださいね。

 

必要なものは2点。「本人証明書」と「収入証明書」になります。
まず、本人確認書類に関してですが、運転免許証が適しているようです。運転免許証を持っていない人は、パスポートまたは健康保険書+住民票を準備すればOK。外国籍の人は、在留カードか特別永住者証明書も用意しておく必要があります。

 

また、持参した本人確認書類に記載されている住所と、現住所が異なる場合は、【国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書・社会保険料の領収書・公共料金の領収書・住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書】を持参することをオススメします。現住所の違いは必ず指摘されるポイントなので、ご注意ください。また、書類はいずれも発行から6カ月以内でなければならないので、こちらも注意が必要です。

 

次に、収入証明書。
この書類が必要な人は、希望の融資額が50万円を越える人と、他の消費者金融などで合計100万円以上の借入をしている人に限ります。必要書類としては、源泉徴収票(最新のもの)・確定申告書(最新のもの)・給料明細書(直近2カ月分+1年分の賞与明細)のいずれか1点です。これらの書類は金額に応じて必ず必要になるので、申し込みの前に自分に必要なものを確認しておいてくださいね。

 

さて、ここまでカードキャッシングの中でも特にオススメな『モビット』を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
私も含め、すでに利用している人たちのコメント通り、モビットはとても使いやすいようです。興味がある人、今すぐお金が必要で困っている人は、まずはモビットの公式サイトにアクセスしてみてはいかがでしょうか。

 

最後に当サイトがオススメする会社ベスト5を紹介していきます!
それぞれの会社のポイントをまとめておきましたので、チェックしてみてくださいね。    

 

モビット

モビットは、三井住友銀行グループの傘下にある消費者金融。
借り入れ資格は、20歳以上69歳以下で安定収入があること。パート・アルバイト、派遣社員、自営業でもOKだが、収入のない専業主婦や年金生活者の申込みは受け付けていない。

 

金利:3.0〜18.0%
限度額:1万円〜800万円
融資までの期間:最短30分審査(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)。即日融資(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)。

 

[モビットのここがポイント!]
・ホームページやローン申し込み機からで、10秒で簡易審査結果表示を表示。
・本審査は最短30分。
(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
・ 即日融資可能。
(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
・ インターネット完結の申し込み。来店不要、電話や郵便物なし。
・ パート、アルバイトも申し込み可能。

 

≫≫≫モビット公式サイトはこちら!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
アコム

大手消費者金融として、1978年から営業しているアコム。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社に。
カードローンの申し込み資格は、20歳以上で安定した収入があること。派遣社員やアルバイトも申し込み可能。

 

金利:4.7〜18.0%
限度額:1万円〜500万円
融資までの期間:最短30分審査。最短1時間融資。

 

[アコムのここがポイント!]
・ 初回利用時、契約日から最大30日間金利がゼロ。
・ 店頭や無人機など最短1時間で融資。
・ インターネット上で申し込みや借り入れ、返済が完結。
・ 楽天銀行で24時間振込み融資可能。
・ 派遣社員やアルバイトも申し込み可能。

 

≫≫≫アコム公式サイトはこちら!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
レイク

新生銀行カードローン レイクは、その名のとおり新生銀行を母体としたカードローン。かつて消費者金融であったレイクが、2011年に経営基盤をすべて新生銀行に譲渡し、消費者金融から銀行カードローンへ。
利用条件は、満20歳以上70歳以下。
安定した収入があれば、パートやアルバイト、自営業、学生、年金生活者、外国人(永住権を持つ人)でも申込みが可能。

 

金利:4.5%〜18.0%(実質年率)
限度額:1万円〜500万円
融資までの期間:即時審査。最短40分融資!

 

[レイクのここがポイント!]
・ 2つの無利息期間サービスから選べる。
・ 即時審査、即日振込可能。最短40分融資。
・ PC、スマホでの申し込みで来店不要。
・ インターネット上で申し込み⇒借り入れ⇒返済が完結。
・ セブン銀行など提携ATMの利用で手数料無料。
・ アルバイトやパート、主婦でも安定収入があれば利用可能。

 

≫≫≫レイク公式サイトはこちら!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
プロミス

三井住友フィナンシャルグループの子会社、SMBCコンシューマーファイナンスが営業するプロミス。三井住友銀行のローン契約機を使えるメリットなどがある。
プロミスの利用条件は、20〜69歳、安定した収入があること。
職業や年収などの制限はない。

 

金利:4.5〜17.8%
限度額:1万円〜500万円
融資までの期間:最短30分審査。最短1時間融資

 

[プロミスのここがポイント!]
・ 初回、契約日から30日間無利息。
・ 審査時間最短30分、最短1時間融資。
・ インターネット上で申し込みから返済が完結。
・ 三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座で最短10秒振り込み可能。

 

≫≫≫プロミス公式サイトはこちら!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
アイフル

独立系消費者金融として長年、営業を続けているアイフル。貸金業法改正以降、2009年に事業再生ADRを申請した後、グループ再編などを経て現在も独立系のまま営業している。
利用条件は、20歳以上70歳未満で定期収入があること。パート・アルバイト、学生も申し込み可能。自身に収入のない専業主婦は対象外。

 

金利:4.5〜18.0%
限度額:500万円
融資までの期間:最短30分審査。即日融資。

 

[アイフルのここがポイント!]
・初回30日間無利息。
・ ホームページか電話の申し込みで、来店不要。即日融資可能。
・ アイフルを利用したことのある人が対象の低金利プラン「おまとめMAX」アリ。
・ 女性専用ダイヤルで、希望額50万まで最短30分で審査結果がわかる。

 

≫≫≫アイフル公式サイトはこちら!